砂糖の基礎知識

砂糖ってなに?

砂糖ってなに?

砂糖は化学的にはショ糖(シュクロース)と呼ばれ、ブドウ糖と果糖が1分子ずつ結合したものです。
砂糖の主な原料は、サトウキビ(甘蔗=かんしょ・かんしゃ)とてん菜(ビート・さとうだいこん)です。植物は、光合成により自らの成長のためのエネルギーとして糖質を生成しますが、サトウキビとてん菜は、砂糖として蓄えています。
その他の原料としては、砂糖椰子(やし)や砂糖楓(かえで)などがあり、メープルシュガーは砂糖楓を原料としています。

日本の砂糖生産量は?

日本の砂糖生産量は?

日本で消費される砂糖のうち、国内の原料から生産されるものは30%~40%で、残りは原料糖として海外から輸入され、国内の精製糖工場で製品となります。

世界の主要な生産国は?

世界の主要な生産国は?

世界全体でみると、砂糖生産量の約80%が甘蔗糖、約20%がてん菜糖です。砂糖の2大生産国はブラジルとインドで、いずれも甘蔗糖です。てん菜糖の最大生産地はEUですが、近年、生産量が減少しています(生産量は統計資料をご参照下さい)。

pagetop